名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良県生駒市 三たて蕎麦春知

20100925三たて蕎麦春知 (1).jpg
奈良県は生駒市の悪名高い酷道308号線沿いに佇む十割蕎麦専門店「三たて蕎麦 春知(しゅんち)」に逝ってきた。
先週土曜日の午前中に食べたくなったけど予約しないとなかなか食べれないってことで今週まで延期したのだ。
今回のメンバーは自分と悪友ニッキと「暴走野郎xyzsくん」と「伝説の漢ほねやん」の4人。別に通り名には全然意味は無いので華麗なるスルーを期待する。

20100925三たて蕎麦春知.jpg
春知と言えばこの謎のオブジェ。後は倉庫になっている。
20100925三たて蕎麦春知 (2).jpg20100925三たて蕎麦春知 (3).jpg
古い民家を改装した店舗。ちょっとごちゃごちゃしてるのは目を瞑れ。
予め予約してあったのですんなり席に着く。しかし相変わらず床と卓の隙間が小さい。

20100925三たて蕎麦春知 天ざる蕎麦(大)と蕎麦ご飯.jpg
お、来た来た来ましたよ。天ざる蕎麦大盛と蕎麦ご飯だ。
全長25cmはあるかという海老の姿揚げ。頭付である。
揚げ具合がミディアムレアだったんで頭は残した。
つーか何気に自分は海苔の天ぷらが好物だったりする。
蕎麦ご飯は蕎麦の実の炊き込みご飯。香りがすごくしててたまらんのです。

蕎麦は十割生粉打ち蕎麦。
自分はつゆを器にたっぷり注いでぼちゃっとつけては食べない人なのです。
まずは蕎麦をそのまま口に入れて、つゆをキュッと。うん、うまい!
蕎麦の味を確かめたら器につゆを少し入れて蕎麦をつけてはつゆを足す。これをくり返せばつゆが薄くならない寸法だ。
ほねやんに分けてもらった辛味大根もおいしかったよ。
20100925三たて蕎麦春知 蕎麦湯.jpg20100925三たて蕎麦春知 蕎麦湯 (1).jpg
春知と言えばこの蕎麦湯。

「この蕎麦湯を見てくれ。こいつをどう思う?」
「すごく…濃いです…」

大抵の蕎麦屋の蕎麦湯ってサラサラしててすごく薄い。混ぜればなんとか。
でも春知の蕎麦湯はすごく濃い。とろみがある。
少し多めに残しておいたつゆで割って飲んだ。うまいなあ。
20100925三たて蕎麦春知 チョコ&生キャラ.jpg
次は神戸のうどん屋か四日市のトンテキか…。
言ったモン勝ちだぜ?

スポンサーサイト

常滑市 昭和呈

以前行った時にもらった850円割引券の期限が今月中だったんで行ってきたのだ…

20100924 昭和呈 海老と帆立潮ノ麺.jpg
今回頼んだ逸杯は“海老と帆立潮ノ麺”
顔を近づければ海老の香ばしい香りが漂う
レンゲでスープを飲む
…海老と帆立のダシがたまらん!(`ФωФ') カッ!
文句の付け所の無い逸杯なんだぜ

ただメンマはやはり以前のチェンジメンマとは違うようだ
パチパチとした食感のゴマがまたいい
どんぶりを手で持ってスープを飲み干し、底に溜まっていたダシも全て頂いた

食後にご主人と少し話をした
最近は麺をかなりカスタムしているとか
昭和呈の麺は元々他店と比べてもかなり独特の麺
なんと言っても茹で時間が30秒であの絶妙なコシ
近頃はツルッとした食感を求めて色々やっているとか
これまで試した麺の最短茹で時間は20秒弱だったとかで、スープで伸びるのが早すぎたので今は元の麺との間ぐらいだとか
と言っても食感は食べ比べをしないと解からない程度
実際自分も気付かなかった

割引券との差額230円(100円玉1枚と10円玉13枚)を支払い、感謝の一言
ごちそうさまでした!

七宝町 かつみや

20100920 かつみや.jpg
なんか久しぶりにかつみやに行って来たよ
たぶん半年ぶりぐらい

20100920 かつみや 味噌かつ定食.jpg
あいかわらずおいしい(´ω`)
やわらかいロースかつに甘めの味噌だれ
カレー風味のマカロニサラダにトマトときゅうりとキャベツ
あわせ味噌の味噌汁もかつの味噌ダレに合ってておいしい
汁を飲み干すと大豆がコンニショワ
ご飯もツヤがあっておいしいのです

嗚呼、幸せの時間

春知告知

25日の昼に春知行 か な い か。

予約しないといかんので、行く猛者は22日中にグループAコミュにカキコヨロ
まあ予約はほね氏がしてくれるんだけど

三重県湯の山 片岡温泉

マイミクさんと湯の山温泉の麓にある片岡温泉に行ってきたんだず

カメラ持ってったと思ったら見当たらず
しょーがないんで写真はなし
建物は設備が揃っててなかなかなんだぜ
仮眠室もあるし
風呂がもちょっと広いといいなあ

つか前にも行ったことあるのは内緒
カシオペア乗ったときサンライズのときか覚えてないけど

うち帰ってきてカメラ探したら後部座席の足元に落ちてた

アピタ東海荒尾店 厚切りチャーシュー家

何故か知らんけど、アピタ東海荒尾店に入ってる厚切りチャーシュー家で昼を食うハメに…
偶発的ミッションだったのでカメラを持っていなかったため写真は無し

炒飯セットをネギ無しでできるかと聞いたらできないと言われた
…間違いなく作り置きだな
ネギの入った炒飯はNO THANK YOUなので入り口の券売機で餃子セットの券を買った
4人がけテーブルはどう見ても2人用サイズだ

しばらくしたら来たんでとりあえず胃に入れた
…不味い
麺はタルく、スーパーで売ってる生ラーメンを茹ですぎた感
つーかまんま生ラーメンだろこれ
厚切りのチャーシューがウリのようだが、厚切りなのは2枚中1枚のみでもう1枚は普通に3mm程度
んで全然特筆するような味でもない、ただの肉の塊
メンマは極太だが、桃屋のビンメンマのような甘さ
自分は甘いメンマは嫌いだ
そして場末のラーメン屋にありがちなカマボコがスープイン

なんつーか、これでうまいと言える人が羨ましい…

餃子も肉の旨みが全然感じられない
はっきり言って全然うまくない

まあ解かっていたけどこの程度
☆1.5~2ってとこか
自分的には「二度と来ねえよヽ(`Д´)ノプンプン!」レベルだった
やっぱすがきやにしときゃよかったわ

ヽ(`Д´)ノプンプン

アピタ火曜特売で好物の牡蠣フライ買ってきたら生っぽかったんで、透明のパックのまま電子レンジで500W30秒かけたら牡蠣とパックが融合して新しい物体が誕生しやがりましたよコンチクショウ

養老 焼肉勝っちゃん

20100911 勝っちゃん.jpg
今日はみんなで勝っちゃん
20100911 勝っちゃん (1).jpg
うめえ
20100911 勝っちゃん (2).jpg
締めは梅茶漬け

でも昔に比べると食べる量減ったよなー
ちなみに一人頭3000円

野原ひろし名言集

グッとくるものがあるな…

野原ひろし名言集

魔改造のマーチ

ニコニコ動画 迷列車で行こうシリーズでおなじみのソフトバンクCMのBGM、通称“魔改造のマーチ”をトヨタプリウスの車両接近通報装置にしてみたら…

【ニコニコ動画】プリウスの車両接近装置を魔改造のマーチにしてみた
これはイケる。

元の曲はこちら

【ニコニコ動画】モンタギュー家とキャピュレット家

三岐鉄道三岐線と鉄道総研風洞技術センター

20100905 三岐鉄道三岐線 貨物鉄道博物館.jpg
ちょっと三岐鉄道三岐線 丹生川駅の貨物鉄道博物館に行ってきた。

20100905 三岐鉄道三岐線 貨物鉄道博物館 シキ160形.jpg20100905 三岐鉄道三岐線 貨物鉄道博物館 シキ160形 (1).jpg
目玉のシキ160形。でかいことはいいことだ。

20100905 三岐鉄道三岐線 101系.jpg20100905 三岐鉄道三岐線 751系.jpg20100905 三岐鉄道三岐線 ED45.jpg
三岐鉄道と言えば北勢線が有名だけど、こっちの三岐線もなかなかのもんだぜ?

そのままJRで米原にやってきたのだ…。
20100905 鉄道総研米原風洞技術センター 新幹線試験車両.jpg
米原駅西には鉄道総研風洞技術センターがあって、新幹線試験車両が静態保存されているのだ。

20100905 鉄道総研米原風洞技術センター 300X 955-1.jpg20100905 鉄道総研米原風洞技術センター 300X 955-1 (1).jpg
955形。通称300X。700系のプロトタイプ。
ラウンドウェッジ型は新幹線浜松工場にあんねん。

20100905 鉄道総研米原風洞技術センター STAR21 952-1.jpg20100905 鉄道総研米原風洞技術センター STAR21 952-1 (1).jpg
952形。東北・上越新幹線の試験車両。通称STAR21。

20100905 鉄道総研米原風洞技術センター WIN350 500系900番台.jpg20100905 鉄道総研米原風洞技術センター WIN350 500系900番台 (1).jpg
500系900番台。通称WIN350。
500系新幹線のプロトタイプ。

今走ってる新幹線も、こんな試験車があったからこそなんだよね。

豊田市 なな家

20100904 なな家.jpg
YZの帰りに前々から気になっていた豊田市のなな家に寄ってみた。
14時前に着いたんだけど、昼の部は14時半までらしい。(14時でオーダーストップ)

20100904 なな家 山六そば.jpg
山六そばにした。むむむっ、この香りはッ!
上に乗ったかつお節とスープから香る和風魚介の香り。
レンゲでスープを口に運び、口に含む。
こっこれは~っ!この味わあぁ~っ!
一言で言うならッ!そう、きしめん!
名古屋人のソウルフードのひとつ、きしめんの汁!あれが最も近い!
さっぱりとした魚介ダシと醤油の“ハーモニー”っつーんですかあ~!“味の調和”っつーんですか~っ!
麺は断面が正方形のしなやかな、そしてしかっりとした存在感。
スープとの相性はグンバツだ。
海老と湯葉の組み合わせも珍しいがこのスープなら大正解だ。

これまで食べたことの無い新世界を堪能した。
ちなみにテーブルコショーをちょっと入れたらこれまたおいしかった。
スープを飲み干し店を出る。もちろん会計済みだ。
言わせていただきます。ごちそうさまでした!

リニューアル らうめん考房 昭和呈

久しぶりに昭和呈のラーメンを食べたくなった。

20100902 らうめん考房 昭和呈.jpg
そんなわけでやってきたのだ…

店内に入りメニューを見る。
20100902 らうめん考房 昭和呈メニュー.jpg
む、だいぶ変わったな。どうも塩ラーメンをメインしたらしい。

だが今日は醤油を食べたい日だ。
せっかくだから、9月限定麺の「香麺 醤油仕立て」を頼むぜ!
20100902 らうめん考房 昭和呈 香麺醤油仕立て.jpg
スープは醤油の角は立っていなくて、塩と醤油の中間の感じ。
それにニンニクが程よく溶かされていて、なかなかいい感じに仕上がっている。
ただメンマがどう見てもレベルダウンしている。
ご主人曰く、以前と同じく特製メンマらしいが…。

20100902 らうめん考房 昭和呈 香麺醤油仕立て (1).jpg
しかし逸杯のラーメンに変わりはない。
スープを飲み干し、ゴマを最後の一粒まで食べて席を立つ。
ごちそうさまでした!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。