名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺屋如水

20090807 如水.jpg
ニッキと東区にある如水に行ってみた。
以前一人で昼間に行ったらピンポイントで臨時休業だったあの店である。

20時すぎに行ったら駐車場(6台)はいっぱい。つか路駐はいかんよ路駐は。
店内に入ると壁に長椅子。…案外客の回転が悪いのね。
20分ぐらい待ってカウンターに座った。さて何を食べようか。

壁には台湾やら油そばやらの張り紙が。
しかしこのコーチムにはラーメンに対するこだわりがいうものがある。
丼に入っていて温かい汁…、それがラーメン…!
台湾ラーメンは認めない。名古屋ラーメンって名前変えたら認める。
というわけでしょうゆラーメン大盛の全部のせ(チャーシュー増量+味付煮玉子)と鶏とごぼうのまぜごはんを注文。
20090807 如水 しょうゆ全部のせ大盛.jpg
ウホッ、いい香り…。第一印象がそれ。
香油だろうか、とにかく香り高い。それとほのかな魚の香りがマッチしてなんとも食欲をそそる。
見た目からして汁表面に浮く油が多目だ。
綺麗な色の汁をレンゲにすくって飲む。むむむっ、これはうまい。
醤油の旨みと魚介の風味のバランスがいい感じだ。

メンマは見た目どおり普通。
もちろん無駄な味付けはしてないのでバランスブレイカーにはなっていない。(店によってはたまにあるのよ)
チャーシューは脂身の多目な長方形。これははじめてみた。
厚みは3mm程度で柔らかめ。うん、うまいけど多すぎた。
煮玉子は白身はプルプルで黄身は半熟。
むう、自分は黄身がトロッと流れ出るぐらいが好きなのでこれはちょっと。
麺は細めのストレート。最初は博多ラーメンの麺か?と思ったけどコシが強く食べ応えがある。
ただ麺が絡まって箸で持ち上げにくい。細麺でこれだけコシがあると余計に。
やはり盛付け時の解しはやってほしい。

写真に写ってないけど鶏とごぼうのまぜご飯。これもおいしかったです。
ごぼうが所謂きんぴらごぼうのカットで大きめ。
昆布だしで炊き込んでごま油をたっぷり混ぜてある。
ちょっと油っぽいけどこれはおいしい。おすすめの一杯。

…つーか終盤になってラーメンの汁が段々くどく感じてきた。
やはり油が多目+チャーシューが効いているようで。
おいしいんだけど個人的にはもう少し油を抑えてほしい。
場所的にも昭和呈のほうがわずかに優勢。
しかしおいしいラーメンなのは間違いない。
もちろんスープ一滴残さない。言わせていただきます、ごちそうさまでした。

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。