名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杁中 らぁめん翠蓮

20091011 らぁめん翠蓮.jpg
杁中のらぁめん翠蓮に行きまった。ラ王への道でも堂々の5つ星の店です。

ラ王への道 らぁめん翠蓮

ちなみに喫茶マウンテンの近くです。

…駐車場が3台分しかなくて全然停めれません。一通の道にあるし。
他の客は住宅街の交差点とかに平気で路駐してましたが、うちらにはポリシーというか黄金の精神があるのでそんなことはしません。
ちょっと離れた地下鉄名城線 杁中駅近くのコインパーキングに停めて歩きます。
名古屋では駐車場はパーキングなのです。モータープールではありませんのだ。
wikiによると関西だけらしいですよ。

店内はカウンターで9席。謎の音楽が流れている。壁には黒板に白墨でこだわりが書いてあった。
程なくして席に着く。
ニッキは濃いめ焼き干し味噌、自分は濃いめ焼き干し醤油+味付玉子ねぎなしをオーダー。

20091011 らぁめん翠蓮 濃いめ焼き干し醤油+味付玉子.jpg
スープ表面には脂が幕を張っている。…ゴクリ。
レンゲで3口。…こっ、これは!(`ФωФ') カッ!
飲めば飲むほど味わい深い…。こってりしてるけど飽きの来ない、とても丁寧に作りこまれた逸品。
醤油とダシと脂のコクが1:1:1で絶妙なバランスを保っている。
メンマは手で裂いて薄めの味に煮込んである。シャクシャクとしたいい歯応え。
チャーシューは1x1x3cmほど。盛り付け前にバーナーで炙ってあるので、脂の旨みが前面に押し出されている。
水菜はまあ普通。あえて言うならもう少し湯切りをしたほうがよろしいかと。
トッピングの味付玉子は黄身の固さも味付も絶妙。うまい。
ただし盛り付け前の冷たさが残っていた。暖めてあるといいのに。
残り半分はスープで暖めて食べた。やはり暖かい方がうまい。

麺は今までに食べたことの無いタイプの中太麺。
コシが強めでスープによく合っている。
プリプリではない…。なんなんだろうか。

実は昼に食べたcoco壱のカキフライカレーが腹に残っていたが、それを忘れる勢いで完食。
スープを飲み干すとどんぶりの底から大量のダシが現れた。
レンゲですくって残さず完食。
言わせていただきます。ごちそうさまでした。

自分の中ではベスト3に入る味。
まるぎん商店よりわずかに上か。昭和呈を越える店は現れるのだろうか…。
wktkせざるをえない。

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。