名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西区中小田井 らーめん臺大

20091219 らーめん臺大.jpg
ニッキと西区のらーめん臺大に行ってみた。

店内に入ると左手に券売機。席はカウンター。
ラ王への道でうまそうに見えた魚香麺と仙寿卵の味付煮玉子を購入。
ちなみに魚香麺はユイシャンメンと読む。ぎょこうめんと読むとマスターが悲しむ。

20091219 らーめん臺大 魚香麺.jpg
具は追加した味付煮玉子・メンマ・大き目の海苔1枚・チャーシュー1枚。
カウンター備え付けのレンゲでスープを一口。
…む、見た目とは裏腹に魚粉が程々に抑えられているのでややあっさりしている。
魚粉ズンドコが好きではない自分にとってはちょうどいい。
麺はやや透明感のある中太ストレート。コシよりもチュルッとした食感の麺だ。このスープには合ってる。
メンマは標準の物としてはなかなかコクがあっておいしい。
海苔はもう少し風味があって欲しいところ。
味付煮玉子は1個。食べると白身と黄身がゆっくり流れ出す。いい味だ。
チャーシューは…とても薄い。ここまで薄いチャーシューはスーパーカップ以外では初めてだ。正直旨みも何もわからない。せめて3mmぐらいはあって欲しい…。

隣を見るとニッキがややしかめ面をしながら無言で坦々麺を食べていた。
自分はドンブリを手に持ちスープを飲み干す。
チャーシューが残念だったが言わせていただきますごちそうさまでした。

帰り道ニッキに感想を聞いたらなかなか手厳しい意見が帰ってきた。
・スープが魚香麺とベースが同じなのはともかく、坦々麺というより味噌ラーメンだった
・具が豆しかなかった
・あとはバラ肉がほんのちょっとだけしか乗ってない
・麺が生麺のカップラーメンのそれだった

自分は坦々麺は食べたことが無いのでなんとも言えないが、麺はともかく具とスープに関しては同情せざるを得ない。
どうも臺大は基本的にトッピングは追加するらしい。
ラーメンの価格もトッピングを追加すれば普通に1000円を超えてしまう。
おいしいラーメンでも1000円と言うのは自分の中でもボーダーライン。
それ以上はいくらおいしいものでもどうかと思ってしまう。
800円前後まででそれなりに具もちゃんとしているおいしいラーメンを求めて、我ら二人のラ王への道は続く…

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。