名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村区 たご

20100219 たご.jpg
昼時にちょっと気になっていた中村区の「たご」に行ってみた。
ちょうど競輪の開催日だったみたいで、周りの道路に警備員の人が一杯いて自分も客だと思われたようだ。

駐車場は建物の東側。細長い敷地で斜めとドンツキにまっすぐ2台の10台ぐらいと店の正面。
横の駐車場に停めたけどかなり出入りしづらかった。

ランチタイムで扉を開けたら3人待ってた。
券売機を見て金土日限定の醤油を購入。700円。
入り口に立って待つ。

だいぶ待ってカウンター席に着く。最近は店によってはネギだけでなく玉ねぎ入りのもある。
なので初めての店では慎重を期して「ねぎとたまねぎは無しで」とできるだけ物おじせずハッキリという。
ネギが入ってきてはやっかいだ。

注文をしてしまうと少し気が楽になり店内を見回すゆとりができた。
時々麺の湯を切る脱水機の音が店内に響く。「ウィ~ン」
席はカウンター10席とテーブルが2つ。そのうち1つにはでかい炊飯器とキムチと漬物が乗っていた。
見ていると席に着いていた客が勝手にご飯とキムチを盛り付けていく。
持ち帰り!そういのもあるのか.jpg
持ち帰りランチサービス!そういうのもあるのか。
見ればほとんどの客が大き目の茶碗にご飯をたくさんつけ、キムチと漬物を乗せていく。
多いんだな…ライス。しかし誰も餃子や唐揚げを頼まないのを見るとキムチと漬物だけで食べるのか。
隣の人もご飯を付けてきたので自分もそれに習う。
20100219 たご ごはん.jpg
ご飯を軽めにつけ、そのうえにキムチと漬物を乗せる。

席に着いてからもかなり待つ。
焦るんじゃない。俺は腹が減っているだけなんだ。
ええい!食べちまえ。
キムチをおかずにご飯をハフハフ食べる。
ウン、うまい。
このキムチは正解だった。塩加減もちょうど良い。

少しだけ食べてまた待つ。
しばらくすると店員さんが「ご飯どうぞ」と声をかけてきた。
よく見ると店内に『ご飯は声をかけてからお願いします』と書いてあった。
…いかんな、タイミングがズレてる。
どうもラーメンができる少し前に店員から声がかかるシステムらしい。

20100219 たご 醤油.jpg
「お待ちどうさま」
お…きたきたきましたよ。
スープ表面に白い塊が多数浮いている。背脂だ。これが名古屋近辺では意外と珍しい。
レンゲで背脂とスープを一口。
このわざとらしいこってり気味な醤油味!
と言っても醤油の味はだいぶ控えめ。むしろ甘い。
背油が入っているのもあって油は多め。
それにコーンと肩ロースのチャーシューが2枚。ほとんど赤身だ。
よく見たらネギが一切れ入っていた。
俺ってつくづくネギの食べれない日本人だな…。

麺はコシの強いやや縮れ中太麺。…固ゆでなだけかもシレン。
チャーシューはみたまんま赤身な味。自分としては脂身がたっぷりの方が好きなんだ。
メンマは細めで固め。コリコリしてる。
これをさっきのご飯と一緒に食べた。

さっきのキムチは正解だった。
辛くもなくしょっぱくもなく、こってり気味のスープに対してすっごく爽やかな存在だ。

ああ…腹がいっぱいだ。
運転しながら眠くならなきゃいいが。

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。