名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山県 湯の峰温泉 つぼ湯

十津川から熊野大社を抜けて和歌山県入り。

20100303 湯の峰温泉.jpg
目的地は湯の峰温泉。
熊野大社近くから細い道をうねうねっと行くとありました。

山あいにある昔からの湯治場のようです。
20100303 湯の峰温泉 公衆浴場.jpg
共同駐車場に車を停めて200mほど戻ると公衆浴場がありますん。
目的のつぼ湯もここで受付。両方入れて750円。
つぼ湯はト伝の湯みたいに30分貸切です。

オッサンに番号札を渡されて事細かく説明を受けます。
20100303 湯の峰温泉 つぼ湯.jpg
受付から50m行った橋のたもとにつぼ湯はあります。
ウホッ、いい雰囲気…。

20100303 湯の峰温泉 つぼ湯浴室.jpg
扉の横に札をかけて靴を脱いで入ると脱衣篭と小さい浴槽が。
早速全裸になって(あたりまえだ)足を突っ込む。
あっちー!

実はこの湯の峰温泉の源泉温度は89℃と、とても高温なのです。
浴槽の湯も普通に44℃はありました。さっきまでロケで先客がいたにもかかわらず。
緑のコックをひねって勝手に水で薄めるがいい。
ちなみに湯は奥のほうの底から沸いているようで、石の下もだいぶ奥があるみたいですよ。
熱くて足を突っ込めれませんでしたが。

いや~、これは(・∀・)イイ!!
気にいったよ。

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。