名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(´・ω・`)

名古屋スバルの営業は9:30から。さっそく行ってきました。
さすが日曜日、客(冷やかし)がガンガン来るです。

リフトアップして確認してもらってパーツを取ってもらうことに。
ちょwww

こんなのでぶら下がってたですよ。(´A`)=3

自分のは純正サブフレームを外してHKS関西のアルミサブフレームにしてるのでそれの部品になるかと。
純正アンダーカバーをつけるのにアルミサブフレームにオプションがあったのですのな。
どーもそれを板金屋が付け忘れたか。
サブフレームより上についてるので吹っ飛んではいないはず。サブフレーム無事だったし。

んであそこから半田だと知多半島道路の方が近いので久々に乗りましたらミニバンがイーッパイです!
制限速度は80km/hなんですが、中部空港に行く大型バスが追い越し車線を60~70km/hで走ってて渋滞してますです。走行車線は60以下。
いや~ん、おまえら上り坂でスピード落とすのやめてくださいよ、と。余計に渋滞するでがんす。

Seiさんちについたらxyzsくんが一人で作業をしてたので自分はその間に洗車。
昨日ついた虫ケラどもを洗い流しました。Seiさんはおでかけ。
xyzsくんはフロントキャリパーにサポートをつけるモヨリ。
あとキャリパーにあのASSOのぁゃιぃ白い液体を塗ったくってました。
自分はそーゆうのは信用しない人です。マイナスイオンの力で燃費が上がるとかそーゆのも。

んで作業が終わったのでタイヤはめるのを手伝おうとしたら…
∩( ´Д`)< 先生、ブレーキパッドが入っていません!
(ノ∀`)アチャー

Seiさんにそのことをメールしたら「バロスwww」

んで自分のですが、
・フォグ部からタイヤにダクトを引いてサーキットでの熱ダレを抑えよう
・ブレーキキャリパー&ローターにダクトを引いて過熱を抑えよう

の2点です。

大破したフォグの遺品であるフォグ用カバーを使います。
運転席側はレゾネーター(エアクリーナーの手前にある消音装置っつーかボックス)がフェンダー内に入っているので先に引っ張り出さないといけません。
バンパー外せば早いんでしょうけど外し方がワカンネ&メドイ。

xyzsくんに手伝ってもらいながらボンネット内とフォグ部のナットを外して、マッドフラップ(タイヤハウス内のフェンダーカバー)を引っぺがしてそこから無理やり引っ張り出すのです。なかなか大変だた。

引っ張り出したレゾネーターをぶった切ってエアーがフェンダー内からエアクリーナーに行くようにする。
グリルのとこからレゾネーターまでのエアダクトはポイ。
そのうちヤフオクに出そう。

家とかの換気口のアレの形に合わせてマッドフラップをくり抜いてアルミダクトをバンドで締め付けてタイラップで固定して完成。
レゾネーターを出すのが大変なだけで後は左程のことは。
タイヤ冷却ダクト.jpg

普段はフォグカバーとタイヤハウス側両方ともフタをしておきます。サーキット専用です。

ブレーキのダクトを引こうと思ったら買ってきておいたダクト(φ75)がでかすぎて作業不能。
(´・ω・`)まぁいいや。
xyzs君がつけてるような導風板の類は効果薄な希ガス。うーん

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。