名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国製自動車頑丈すぎてワロタwww

アミュレット吹いたwww


【走る棺桶】 「こんなにひどいのは初めて見た」中国車の安全性は「最悪」=WSJ紙

今度は中国製自動車に警戒令か。
8日付米紙ウォールストリート・ジャーナルは、ロシアで人気を集めている中国製自動車について、安全性に問題があると報じた。

同紙はロシアの自動車雑誌「アブトレブ(AvtoRevu)」が最近実施した衝突テストで、中国奇瑞汽車のセダン型乗用車「チェリー・アミュレット」の結果は最悪だったとして、衝突テストの映像が動画サイト「ユーチューブ」で公開されたと報じた。

ロシアは中国製自動車の最大の輸入国で、チェリー・アミュレットは9000ドル(約107万7000円)という安さで人気を集め、今年上半期に1万119台売れた。
前年同期の販売台数が702台だったのに比べ、爆発的な伸びを示した形だ。

ロシア市場における上半期のメーカー別自動車販売台数は、シボレー(8万4467台)が首位で、フォード(8万1782台)、トヨタ(7万2331台)、現代(5万3885台)が上位を占めた。
7位に大宇(4万446台)、9位には起亜(3万2568台)が入り、チェリー・アミュレットは12位だった。

今回テストを実施した同誌は、問題の中国車について、「時速40マイル(64キロ)で衝突テストを行ったところ、前部が新聞紙をしわくちゃにしたような状態になり、めちゃくちゃに絡まった破片を一つ一つ取り出さなければならない状況だった」と報じた。

「アミュレット(魔よけ)」という名前にそぐわないテスト結果について、同誌の記者は「車のボディーがこんなにひどいのは初めて見た」と驚きを隠せなかった。

4月27日に行われた衝突テストに参加した奇瑞汽車の関係者は、当時は何も反論しなかったものの、論争が拡大すると、「テストはロシアの競合社が保有する研究所で行われたため、公正さに問題がある。
中国製自動車のイメージを損ねようとする汚い作戦だ」と非難を始めた。
しかし、同関係者はテストのどの部分に問題があったかについては言及しなかった。

http://www.chosunonline.com/article/20070809000043


( ´_ゝ`)ヘェー


    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ


http://www.youtube.com/watch?v=f7rrk3ZjN-I
http://www.youtube.com/watch?v=F06LjugtIUo&mode=related&search=

ぜってーダンボールでできてるよなwww
>中国製自動車のイメージを損ねようとする汚い作戦だ」と非難を始めた。
これに関してはいつもどおりなのでスルー。( ´,_ゝ`)ハイハイ

ちなみにこちらがトヨタのオーリスの場合
車内が一切潰れていないです。それどころかフロントガラスすら割れてない(;´Д`)スゲー
つーか大手メーカーではこれが普通です。(´ω`)

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。