名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSUNAMI

ペルーでの地震の影響で日本にも津波が到達しました。

が、太平洋岸で数cmから10cmほどだったそうですな。
10cmの津波ってどうやって計測しとんのやろう…(´Д`;)

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

普通の波は潮の満ち引きや海流、風によってできるます。

津波は地震が原因で海面自体が上下するので、波の周期(間隔)が長いんですよ。
しかも潮流や風が原因で起こる波と全く関係ない方向に海面が動きます。

ちょいと例えは違うかもしれませんが、風で波が立ってる水面に大きな石を投げ込むと、波とは関係なく波紋が広がっていくですよ。
その波紋がデカくなったのが津波…かな。

で、外洋みたいに海が広くて深いと「ゆっくり上下」するんですが、陸に近くなって海が浅くなり波の行き先が狭くなる(入り江とか)と「波の力が一番上流の地点に向かって集中する」ため、波のスピードが速く且つ高くなります。

なので、津波は危険。
いにしえに物理研究部、天文同好会に所属してた私の半端な知識っす。

ちなみに天気図も書けるよ(いい加減だけど)。

骨 | URL | 2007年08月18日(Sat)07:45 [EDIT]


(゚∀゚)っ旦へぇ~へぇ~

名古屋koh-chin | URL | 2007年08月18日(Sat)12:49 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。