名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那そば昭和呈

20081122支那そば 昭和呈.jpg
TAGさんと昼に常滑の「支那そば 昭和呈」に行ってきたよ。
ラ王 昭和呈

ぶっちゃけほったて小屋にしか見えない店舗。入り口はどっちだと思う?
…せっかくだから左の扉を選ぶぜ!(`・ω・´)リュミーン!
まあ書いてあるんだけど。

左の扉を開ければ席数が8しかないめっさ狭い店内。ほんとに出っ張った部分しかない。
昭和のふいんき(何故か変換できない)をかもし出すブツがいっぱいです。
リヤカーの屋台が入っててそこで麺を茹でてる。
そしてできたのをカウンターまで自分で取りに行くスタイル。

今回はラ王でも5つ星の『新・潮そば』を食べようと思ったんだけど、
「ごめんねー、今日は塩はできないんだよ」と。
…失敗したな?(´Д`;)

というわけで『新 正油麺』を大盛ねぎなし頼むぜ。
20081122支那そば昭和呈 新 正油麺.jpg
キタ━(゚∀゚)━。
見るからにうまそうである。
香りもいい。かつおのような魚介の香り。でも魚粉を使ってないからくどくない。
スープをズズッと。
ゥンまああ~いっ!
魚系だしがほどよくして油も多すぎず少なすぎず、とても奥深い醤油味。
麺は屋台で出るような麺でそれほどコシはない細麺ストレート。
しかし逆にこの麺がこのスープにはベストマッチと言える。
チャーシューは石釜で焼いてるらしい。噛めば旨みの出る弾力のある肉。
玉子は味付けで黄身が半熟に見えるけど結構固茹でで最近の店では逆に珍しい。
メンマは控えめの味付け。この倍欲しいな。

とにかく箸が進む進む。自分の中では醤油ラーメン(支那そば)のトップに君臨する奥深い旨さ。
テーブルに置いてあるGYABAN(ブラックペッパー)がよく合う。
もちろんスープ一滴残すことはできない。
言わせていただきます、ごちそうさまでした。

ここはポイントカードがあってラーメン一杯ごとにスタンプ1個、15個溜まると裏メニューをオーダーできる権利がもらえる。オプーナじゃないぞ。

店を出るとき「ごちそうさまでした、旨かったです」と言いました。
ちょっと遠いけど是非また来たい逸店。

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。