名古屋コーチンのなく頃に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和呈:新・塩ノ麺

20081130 昭和呈.jpg20081130 昭和呈 森永ホモ牛乳.jpg
夕方(というか夜)、明日から中津川に出向のニッキーと送別の意味も込めて常滑の昭和呈に行ってきたよ。
まあ週末は帰ってくるんだけど。
開店後の18時過ぎに着いたけど、風が強くてさぶかった

20081130 昭和呈 新・塩ノ麺(大盛)とミニ焼豚丼.jpg
今回は正油も塩も無事にできてて、前回食べれなかった『新・塩ノ麺』の大盛と『ミニ焼豚丼』を食べた。

『新・塩ノ麺』
スープは魚介ベースの脂多め。でもまろやかでとてもバランスが良く、飽きが来ないスープ。
小さく切った柚子と胡麻が入ってる。自分は胡麻は好きだけど柚子は好かない。
正直この柚子片は好みが分かれるかと。呵呵の酢橘みたく、小皿に分けて出してくれるとありがたい。
しかしそれ以外はやはりとてもおいしい。
麺は細めのストレートだけどスープをよく纏う。
チャーシューは言わずもがな、弾力と旨みがすばらしい。
にがり酢は最後にスープを飲むとき2~3滴入れると後味がさわやかになるので試してみるといいですよ。
次回は『飛び魚正油麺』に行ってみたい。

『ミニ焼豚丼』
チャーシューのブロックをご飯に乗せたもの。ご飯自体にはタレも何もかかってない。
しかしチャーシューの甘みのある肉の旨みでガンガンいける。ガァツガツ!
アクセントとしていいかも。
しかしラーメン大盛とミニ丼は多かった。

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。